東京のウィークリーマンションを利用することのメリット

短期間だけ仕事で自宅を離れて東京で仕事をしないといけない場合があります。例えば、そのたびごとに仕事場のある家と仕事先を行き来しないといけない出張などです。期日が分散している場合にはそのたびごとに出張することになりますが、ある程度期日がまとまってある場合には、いちいち地方と東京の間を行き来する手間や時間、交通費を考えると無駄に思えることがあります。さらにその他にもいろいろな理由で一時的に東京に大祭市内とならない場合があります。こういうときにはウィークリーマンションを利用する方法があります。このマンションでは、利用したい日からその部屋で不自由なく過ごせます。その理由は、日常生活で必要となる基本的な生活用具、ならびに家具や家電にいたるまで、入室した部屋に備えられているからです。

標準的なウィークリーマンションとは

標準的なこうした部屋に最初から備えられているものとしては、以下のようなものをあげることができます。あくまでも標準的な例です。( )のつくものについてはオプションになっていることがあります。家電品の例:冷蔵庫、電磁調理器具、(洗濯機)、電子レンジ、電気ポット、(ラジオ)、照明、テレビ、給湯設備、(洗浄便座)、掃除機、電話、時計、(ドライヤー)、(インターネット接続に関する装置、回線、接続口)日用品の例:物干し、ブラシ、ハンガー、カーテン、ふきん、食器(カップ、コップ、どんぶり、皿、湯のみ)、(おたま)、タオル掛け、手洗い洗剤、洗剤、(シャンプー、リンスなど)家具の例:衣装ケース(もしくは衣装棚など)、収納スペース(あるいは収納ケース)、(靴箱)その他の例:掛ふとん、敷布団、布団カバー、毛布や枕、枕カバー、あるいはベッド(掛け布団、カバー、毛布)、ベランダ、洗濯干し用具などになります。こういった用具をマンションに運び入れたり、引越ししてくることはありません。

ウィークリーマンションを使うことのメリット

自分で準備するものは、上にあげた以外では、滞在に必要な衣類や化粧品などぐらいでしょう。したがって自宅や会社から鞄ひとつで入室できます。その他、各自で生活するうえで必要な食品などをマンションの近くのスーパーやコンビニなどで購入して利用できます。そのための冷蔵庫や電子レンジ、調理器具、電磁調理器具なども備えられています。ふつうは宿泊日数分(あるいは週数や月数)の賃貸料金を支払います。敷金、礼金、手数料などはないのが普通です。そのため、東京の仕事先に何度も出張する手間が省けて、移動に使う労力や時間をかなり削減する効果が期待できます。うまく利用すると、出張先の仕事の時間にもゆとりができます。マンションは仕事先の近くのはずですから、ある程度時間の融通が利いてゆとりができ、良い仕事となることが期待できます。加えて往復のたびに必要な旅費を削減することができます。効率の良い仕事を行いやすくできます。しかも自宅のようにくつろげて過ごすことができます。業務の合理性を改善する手立てとしてウィークリーマンションを利用により、充実した仕事となり得ます。