お任せ!メダル作成業者6サイト

トップ > メダルについて > メダルは今では安くだれでも買えますけど

メダルは今では安くだれでも買えますけど

 メダルはオリンピックや世界選手権などのスポーツで上位の成績を獲得したり、ノーベル賞など研究や学術分野で前人未到の実績を成し遂げた人などに対して与えられる一種の勲章アイテムです。
これらの勲章であるメダルは金が最優秀1位の扱いで、その次の2位が銀、3位が銅という位置づけとなっています。
いずれも金属でできていていますが、オリンピックで授与されるそのメダルはオリンピック委員会の規定により、金メダルでも実のところは純金ではありません。
ソチオリンピックの時などは純度92.5パーセントの銀が525グラムと金が6グラムで構成されていて、銀の上に金メッキという形で施されています。
また銀メダルも銅メダルもそのほとんどは純度100パーセントではなくて、他の金属が混ぜられる形で製造されています。

 さてその一種の勲章であるメダルは今では世間一般の人でもその気になれば自分で注文して買える時代となっています。
実際に日本では通販サイトでメダルを製造してくれる業者が数多く存在しています。
これらの業者が製造販売しているメダルの注文購入では何かしらの大会での優勝など上位成績獲得以外に、単なる参加賞とか記念のための証としても使われます。
これら通販業者が製造しているメダルは安いのだと1個数百円前後と非常に安価で、高いのだと1個数千円以上など値段も多彩になっています。
そしてそのサイズも45㎜以下とか66㎜以上など複数のサイズが売られています。
これらのメダルを自分で注文購入をする場合には、サイト上の購入フォームからどんな文字を刻印してほしいかなどを記入することでオリジナルのメダルを製造してくれます。

 これらの通販サイトで販売されているメダルは金属製が多いですが、金属製の場合は安価に済ませるために金メダルでもオリンピックのように銀が主な素材ではなく、真鍮などの金属を主な素材として使われています。
また金属製以外のメダルではクリスタルやアクリルなどの材質も売られています。
これらオリジナルメダルを作成する際には2Dレーザー彫刻やサンドブラスト加工、UVカラー印刷など複数の加工方法が存在します。
サンドブラストは高圧の空気で研磨剤をガラス表面に吹き付けて彫刻するやり方で納期を短くしたい場合に向いているともいわれます。
2Dレーザー彫刻は文字通りレーザーで彫刻しますが、内部に図柄を刻印するので図柄が浮かび上がってくるように見えることが特徴です。
そのためクリスタルなどの材質彫刻などで使用される場合が多くなっています。

次の記事へ

カテゴリー